アナログ
RSS  

ふたご座流星群2018/12/15 06:27

今年のふたご座流星群は長く太い尾をひく流星をいくつも見ることができました。
撮れてる、撮れてるに違いないぞとワクワクしながら撮影画像を確認するけどなんかショボい。

ふたご座流星群

おかしい、肉眼では視野角で90°以上に尾を引いたはずなのに写真はちょっとだけしか写ってない。

3年も撮影していてようやくというか、いまさら理由が分かりました。
感度が低すぎたんだ!

今回の撮影ではF 2.8、ISO 2000、23secで撮影していますが、考えてみれば流星は長くても1秒程度。
肉眼でいくら明るく見えても、カメラにとっては他の星の1/23の明るさに減光されているようなもの。

そりゃぁ長い尾を引いているさまが写せない訳です。
検証は次回になりますが、ISO 6400、8secなら、もっと長い尾を記録できたような気がします。
というか、多分そう。
でも、8secなんて短い時間で撮影してると、二つの写真にまたがって写ったり、インターバルタイマーの間隔(最短1sec)に引っかかって写らなかったりしそうな予感……

あと14mmの超広角だからというのも理由の一つでしょう、肉眼ではオリオン座は結構な大きさですけれど、14mmでとった写真となると本当に小さい。

だからと言って、肉眼の視野に近い画角では流星をとらえるには範囲が狭すぎる。

いったい正解は何ミリのレンズでISOはどれくらいがいいものか……来年までに答えが見つかるといいなぁ。

<追記>
流星の撮影方法をググると、思った通りだった。orz
「流星」の撮影テクニック - 写真の撮り方アーカイブ - キヤノンイメージゲートウェイ
F 2.8、ISO 6400、13秒だと流星が明るすぎるようだけれど
F 2.8、ISO 3200、15秒だと物足りない……難しいね。

そうそう、いつも自作のレンズヒーターを使ってましたけれど今回は既製品を試してみました。

PROTAGE 結露 防止 レンズ ヒーター 夜露 除去 USB ウォーマー 3段階調節 温度コントローラー 付き


去年買ったやつは大きすぎたので、細いのを買ってみましたw
車の温度計は-2℃でヒーターは高の設定で問題なく使えましたけれど、自作のヒーターは2.5Wに対し既製品は5Wですので、10時間の撮影には12000mAhのモバイルバッテリーでも不安があります。

自作のヒーターでも-4℃の環境で全く問題なく使えてます(むしろレンズ面は自作の方が温度が高い)ので、既製品は保温対策をして低(2.5W)設定で使い物になるか検証してみる必要がありそうです。
</追記>




えっ、今年のamazonn発注件数ですか?
今年は車検がありましたから大したことないですよ多分……

えっと………………143件(商品数ではない発注件数)です。
おかしいですね……何かの間違いです……きっとそうに違いありません(逃避中)。

Foxy GesturesでMake Link代替2018/11/13 00:50

これまでCopy URL Lite+を改悪して使っていたのですけれど、Quantumからユーザスクリプトが使えなくなったことでMake Link的な拡張が必要になりました。

Format Linkですむ話なのですけれど、Copy URL Lite+のようにカスタマイズしまくりたいw
かと言ってJavaScriptからして断片的な知識しかなく拡張を作るのはちょっと無理。orz

そこでこの前も参考にさせて頂いたTEXST.NETから「タイトルとURLをコピー」のスクリプトを参考にカスタマイズしてみました。

そのままジェスチャーでタイトル(改行:\n)URLをクリップボードにコピー。
Ctrlキーを押しながらジェスチャーでhtml形式でタイトルとURLをクリップボードにコピーします。
今回のカスタマイズとしてAmazonの商品ページではショートURIでコピーされるようにしていますw

var promise = executeInBackground(() => {
	return getActiveTab(tab => {
		return tab;
	});
});

promise.then((src) => {
	var asin = '', str = '';
	if(src.url.split('/')[2] == 'www.amazon.co.jp') {
		try{
			asin = document.getElementById('ASIN').value;
		}catch(e){
			asin = false;
		}
		if(asin){
			src.url = 'http://amazon.jp/dp/' + asin;
		}
	}
	if(mouseDown.ctrlKey){
		str = '<a href="' + src.url + '" target="_blank">' + src.title + '</a>';
	} else {
		str =  src.title + '\n' + src.url;
	}
	var textarea = document.createElement("textarea");
	document.body.appendChild(textarea);
	textarea.value = str;
	textarea.select();
	textarea.focus();
	document.execCommand("copy");
	textarea.parentNode.removeChild(textarea);
});

注意:Foxy Gesturesの詳細設定で「clipboardWrite APIパーミッションの追加」が有効になっている必要があります。

Amazonの商品でトラッキングIDを埋め込みたい場合は
src.url = 'http://amazon.jp/dp/' + asin;

src.url = 'http://amazon.co.jp/o/ASIN/' + asin + '/トラッキングID/';
とすれば良いでしょう。

今回動作検証中に気づいたのですけれど、トラッキングIDを埋め込む場合、
2011年に検証したときはhttp://amazon.jp/o/ASIN/(asin)/(トラッキングID)/でもリンクの動作確認ツールは有効と判定されていたのですけれど
今回の検証ではhttp://amazon.co.jp/o/ASIN/(asin)/(トラッキングID)/でないとエラーになるようです。
これまで「.co」なしでリンクしていたので気になってレポートを確認したところ先週くらいにクリックがカウントされているので.coがなくても大丈夫そうですけど念のため付けときましょう。

あとショートURI検証中気づいたのですけど、Amazonは在庫切れとか場合によって「業者が販売」しているページが表示されることがあるのですが、URI末尾に/ref=sr_1_2&rps=1を追加(http://amazon.jp/dp/(asin)/ref=sr_1_2&rps=1)すれば「Amazonが販売、発送」のページが(あれば)表示されるようです。
数件しかテストしてないのでそうなるとは限りませんが「Amazonが販売、発送」ページを優先して表示させたいときには役に立つかもしれませんw


それにしてもほとんど知識のない状態で非同期だのPromiseだのチンプンカンプンだわ。
executeInBackgroundの中でdocument.getElementByIdが使えないみたいだし(気が付かなくてそこが一番苦労した)
Promiseを使う - JavaScript | MDNとかPromise.prototype.then() - JavaScript | MDNとかピントこなかったorz
Waterfoxに逃げるべきかいまだに迷う……
「Waterfox」v56.2.3が公開 ~“Add-ons for Firefox”のレガシーアドオンのミラーリングが完了
気になるのは派生ブラウザの開発リソースもだけれど、アドオンの開発も続くのだろうか?
分散して消滅とかやだなぁ。

Foxy Gestures:Twitterの画像を原寸大で新しいタブで開く2018/09/21 18:54

レガシーアドオンのためにESRに逃げていたのですけれど、とうとう逃げ切れなくなりましたので、試しにQuantumを入れて様子を見ることにしました。

先ずは操作性から元の環境に近づけるべくFoxy Gesturesを導入。

スクリプトをどうしたものかと考えていたら
Firefox 57(Quantum)で動かなくなった「FireGestures」の代替に選ばれたのは、「Foxy Gestures」と往年の名ソフトでした。
でサンプルスクリプトまで解説付きで公開してくれてるので、ありがてぇありがてぇとばがりにパク、もとい参考に手をいれてみましたw

var src = data.element.linkHref;
if (!(src) | mouseDown.ctrlKey) {
    src = data.element.mediaInfo && data.element.mediaInfo.source;
}
if (src) {
	if  ((src.split('/')[2] == 'pbs.twimg.com')
	  && (src.split('/')[3] == 'media')) {
		src = src.replace( /:(large|medium|small|thumb|orig).*$/, '') + ':orig';
	}
    executeInBackground((src, alt) => {
        getActiveTab(tab => browser.tabs.create({
          url: src,
          index: tab.index,
          active: !(alt)
        }));
    }, [ src, mouseDown.altKey ]);
}

ということで、FireGestures:Twitterの画像を原寸大で新しいタブで開くはQuantumでも解決と。

それにしてもブックマークのタグ検索とスマートブックマークのqueryを編集するインターフェイスがない(なんでURIを隠すのか)のがなぁ……




ずいぶんご無沙汰してましたが、覚書はブログの方が便利(ググれるのでw)なもので腱鞘炎をおして更新っとw
年をとるとあっちこっちガタガタで困ったものです。


追記(10/21)

画像のリンク先(大きな画像がリンクされてたりとか)も同じジェスチャーで開きたいと思ったので、ちょこっと書き足し

画像でなくてもリンク先を新しいタブに開くのでなかなか重宝している。


追記(10/24)

Ctrlキーを押しながらジェスチャーすると改造前のようにジェスチャー上の画像を新しいタブに開きます。
これで元のソースを残す必要もないので上書きしました。


追記(10/29)

altキーでバックグラウンドで開くようになります。
一般設定で「Altキーを押している間はジェスチャーを無効にする」のチェックを外す必要があります。

本当はバックグラウンドで開くときはアクティブタブの右に開きたいのですが、続けてバックグラウンドで開くときに先に開いたタブの右に開く方法が分からない(中クリックでリンク先を次々に開くのと同じようにできない)ので今は左に開くようにしています。